セントポーリアを愛する人へ


by saintlove
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

貴重品種をバックアップする方法 ~その1~

皆さん、ご自分の好きな縞花を、いつも手元に置いて楽しみたいと思いませんか。この株は、植え替えするタイミングを逃した株です。

(品種名 ジ・アルプス)

f0135269_12414320.jpg

貴重な品種でもありますので、自分の経験を元に再生したいと思います。


f0135269_1242197.jpg

シンメトリーな株作りの為シールを貼りました。画面上、(赤いシール3枚の葉の上+緑のシール3枚の葉の上)合計6本の花茎を取り除きました。

f0135269_12422468.jpg

左下はクラウンをカットした親株です。右下はカットしたこれから再生させるクラウンです。(花びらは45枚です。)

f0135269_1242428.jpg

葉柄にウィック芯を絡ませた状態です。

f0135269_1243022.jpg

活力液1000倍液の水ににミリオンを入れ、再生するクラウンを容器に入れた状態です。
後日、赤と青のシールを付けた6枚の葉と、花茎1本は取り除きました。<株にとって負担になる為>

f0135269_12432179.jpg

花茎もストーク挿しをしてみました。(以前ぽーりあさんに教えて戴いた方法です)


親株の鉢に新しい土を増土して、早く脇芽が出ますようにシャワーキャップをかけた状態です。

f0135269_12433956.jpg

ウィック式からベーシック式に切り替えて育てたいと思います。
用土も古く、鉢底からも水を吸わせますと、水分過多になり株にとって負担です。過去の経験から根腐れの原因にもなりましたので。

それでは、この続きは又、お知らせしたいと思います。
[PR]
by saintlove | 2007-02-18 13:38 | セントポーリア