セントポーリアを愛する人へ


by saintlove
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ:予防・対処( 6 )

病害虫発生!

f0135269_1040526.jpg

暖房でお部屋の空気が乾燥するこの時期、また、温度の取れない寒いお部屋などでは厄介な病害虫が発生する時期でもありますね。この株(1/17に見つける)一鉢だけでしたので今日まで様子を見ていました。

良かった~ぁ 。昨年入手した株です。極小さなアブラムシでした。スリップスかと一瞬ドッキリしましたが違いました。この鉢一鉢でした。今のところ他の株には問題はありません!

昨年から、薬品をなるべく使いたくないので(実際に薬害で苦しんでいる方を知っているからです。)、主に木酢液ですが、碧露、ニームオイル等も交互に肥料水に混ぜ水遣りの度に使用しています。(即効性はないですが、じっくり効いてくれ、”継続は力なり”の方を選択です)
コバエ等も昨年の今頃より少なく忌避剤が効いているものと思っていた矢先でしたのでビックリしました。
この株だけアクテリック+サプロールを1,5リットルのペットボトルに各1cc入れ撹拌して殺虫と、消毒も兼ね殺菌をした結果今のところ問題はありません。皆様も一回り確認してみて下さい。残った薬剤は他の植物に散布しました。

薬品は怖いです。どんどん強い薬が開発され、害虫も耐性が高まりどんどん強くなり更に強力な薬剤が開発され…、の連鎖で怖いです。
[PR]
by saintlove | 2009-01-31 09:20 | 予防・対処
水遣りのたびに、気になっていました。 品種名は スキーター(普通種)
f0135269_23151315.jpg

葉の形状がおかしい。根に異常があると思いつつ、今日まで来ました。

根腐れだけかと思っていましたが、なんと、ネマトーダでした。写真のとおり根に小さなブツブツしたコブが出来ています。
f0135269_2042110.jpg

バーソロミュー夫人の本『セントポーリア栽培法』によりますと、ネマトーダは切開した葉や葉柄を顕微鏡で見て、初めて分かる虫だそうです。

*処置法*
 1、一番良い方法はゴミ箱に直行させる事。何故かと言いますと、コナカイガラムシのように、何年もこの虫と闘うことになる可能性があるから? です。

  2、 かけがえのない貴重な品種なら中心部の3枚だけをとり、このクラウンをふやすのが、まあまあ安全かもしれません。という事でした。
f0135269_20101550.jpg

ご覧のとおり葉が尖っています。やはり、根に問題がありました。私は、危険かもしれませんが、敢えて 私流 2、を選択しました。
[PR]
by saintlove | 2007-11-20 18:19 | 予防・対処
ジ・アルプスの、クラウンカットをしたものがこの様になりました。これも早速、植え替えをしました。
f0135269_20464453.jpg
f0135269_20471480.jpg

[PR]
by saintlove | 2007-04-28 08:31 | 予防・対処
ジ・アルプスの脇芽が沢山採ることが出来満足です。どの位の確率で縞になるか楽しみです
f0135269_20501982.jpg
f0135269_2053897.jpg

[PR]
by saintlove | 2007-04-28 08:27 | 予防・対処
ジ・アルプスの葉ざしもできます。縞の出る確率はというと、<?> ですが、花茎を葉柄に少し付けて置くと、そこから出た芽が縞花になる事もあります。芽がでましたので、早速鉢に植えました。
f0135269_221130100.jpg
f0135269_22133343.jpg

[PR]
by saintlove | 2007-04-28 08:07 | 予防・対処

根ぐされの対処法

品種名 アルタトールズ(普通種)10月12日に偶然撮影していました。
f0135269_528663.jpg

根ぐされまでの経緯
お花がたくさん咲いていて、夏の暑い間も根ぐされに気が付きませんでした。
暑い時期も終わり、植え替え作業をしようとしたときに、根ぐされ発見。
気づくのに遅れました。このような株はなるべく早く処置をしなければ成りません。

根ぐされの対処法:少しでも影響を残さないために全ての根をとります。

■根ぐされ発見 10月22日です。
f0135269_533846.jpg

お花がたくさん咲いているときは気づきませんでしたが…この状態でもちょっと見逃しそうですね。今回の趣旨は「出来るだけのことをやって対処してあげる」という気持ちで望んでみたいと思います。

■カットする
f0135269_0465413.jpg

とてももったいない気がしますが、最悪の事態を免れるためにも大胆にカットします。

■24枚の葉、9本の花茎を取り除きました。
f0135269_047354.jpg

シンメトリーな株づくりのために分りやすく画像に撮りました。セントポーリアの葉の展開は3枚一組です。花茎も葉柄の際につきますので、同じく3本一組なのです。画面上にも葉24枚も3枚一組、花茎9本も3本一組としてならべてみました。

■全ての根を取る
f0135269_0471023.jpg

根は全て取り除きます。ここまでやっても、再生はできます。

■根茎に根が下りて来ました。
f0135269_047483.jpg


■鉢に植える
f0135269_0475739.jpg


■ヒモを固定させる
f0135269_0481353.jpg


■下からゆっくりと水を吸わせます。
f0135269_0482132.jpg

根が少ないので用土は無肥料の土で、土の量も少なく入れてください。
[PR]
by saintlove | 2006-10-22 20:41 | 予防・対処