セントポーリアを愛する人へ


by saintlove
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

<   2008年 03月 ( 9 )   > この月の画像一覧

f0135269_719489.jpg

プリンセストレールはトレール種なのに何時までも普通種で咲いています。
私の場合クラウンカットして分岐をうながします。
f0135269_7234390.jpg

(H・20・1・1)花茎(3本は残す)の上のクラウン(葉の部分)を脇芽カッターでカットする。
f0135269_873978.jpg

(H・20・2・9)花が開いて脇芽が出てきたところです。
f0135269_7394882.jpg

(H・20・3・30)あれから約3ヶ月たち、3本の脇芽が上がりました。脇芽の葉が白く葉緑素が足りないので敢えて3枚の元の葉は残しています。
f0135269_9464125.jpg

クラウンカット(小)した方は、3本の花茎があがり、やはり分岐しないで咲き始めました。何とかトレイルらしく育てたいものです。
[PR]
by saintlove | 2008-03-30 07:40 | セントポーリア
今年の冬は例年になく寒く感じました。しかし、確実に春は訪れています。十勝地方の今日の最高気温は+12度です。
f0135269_716573.jpg

昨年の秋、寄せ植えしたプランターです。
待望の雪が降りましたので雪の中に入れるところです。(H・19年12月30日)


f0135269_733322.jpg

雪山が解けてきて、プランターが顔を出してきました。(H・20年3月15日)


f0135269_7375779.jpg

堀あげた直後です。
昨年は雪を取り除きすぎパンジーの芽を痛めましたので、
これ以上取り除くのをやめました。(3月16日)


f0135269_742102.jpg

3月17日の状態です。
[PR]
by saintlove | 2008-03-23 08:11 | ガーデニング
栽培環境について~セントポーリアはイワタバコ科・多年草です。
最低気温がプラス10度以上、お花を咲かせるにはプラス15度以上の環境であれば育つ事を理解して下さい。(殆んどの方はこの条件をクリアしていました。)

湿度に関しては、人間が快適に住む環境であれば容易に育ちます。(温風暖房の傍には置かない。加湿器を利用する。空気清浄機もあれば・・・。住む人のためにも)セントポーリアは環境に順応し易いお花でもあります。

自然光が大好きです。冬はレースのカーテン越しが嬉しいのです。
f0135269_4143025.jpg

また、窓越しに直射日光が射さなくなる季節は、どうぞレースのカーテンは開けてやってください。明るいのが大好きです。(H・19年8月27日撮影)

セントポーリアを難しいお花だと思わないで下さい。蛍光灯は要りません。(マニアの方・ショープランツをされている方は必要かと思われますが・・・。)

 ”肥料は薄めに”  ”鉢の中には土を満たして”  ”わさび茎にしない” 育て方をしますと、お花は必ず答えてくれます。 花色も豊富で種類も多いセントポーリア、もっと、気軽に楽しんで頂きたい事をお話しました。会期中この思い伝わったでしょうか?

この度の販売会、長丁場でしたが楽しみながら終えることが出来ました。これも多くの皆様方の後押しが有っての事です。本当に感謝申し上げます。
f0135269_1058323.jpg

今日の胡蝶蘭とセントポーリアです。 洋らんが育つ家は、セントポーリアも育ちます。また、セントポーリアの育つ家には洋らんも育ちます。(育てる環境、栽培方法が似ています。)
[PR]
by saintlove | 2008-03-18 09:54 | セントポーリア
簡単で楽しい水やりの仕方~この度は、デパートのショーケースを汚さないためにも、プラスチックの容器を受け皿代わりに用意し、お客様にもお持ち帰りいただきました。この水やりの仕方は私も自宅で実行している方法です。
f0135269_12245537.jpg

容器に、6分目の水を入れたところです。

f0135269_12293970.jpg

午後3時15分に、容器に入れました。

f0135269_12323654.jpg

午後4時16分、1時間後の状態です。充分吸い上げた様です。
それぞれ鉢の水の吸い上げ方には個体差はありますが、残った肥料水は捨てて下さい。(腰水状態にしておくと、根ぐされの原因になりますので、必ず捨てて下さい。)

時間で区切り撮影して見ましたが、私の場合忙しい時は、朝、肥料水を与え、夕方帰宅時に受け皿の水を捨てる事もあるのですが何も問題はありません。(お仕事をしている方には良い方法です。)

月3回は下からの水やり、月1回は上から下に抜けるほどたっぷりと水やりをすると、鉢の中の環境は抜群に良くなる事を理解してもらいました。

プラスチック容器は透明ですので、見る見るうちに肥料水が株に吸収されて行く所を見ていますと、薄い肥料水が効いているんだと思う瞬間です。とても簡単で楽しい方法です。(時間のある時は、実際に見て頂きました。)

(この方法はテキサススタイル栽培法と言いまして、28年前ポーリンバーソロミュ夫人によって日本に紹介されました。)

現在では専用の鉢・受け皿も入手困難ですので、プラスチィクの容器を受け皿代わりにしました。とても簡単で楽しい水やり方法としてお話しさせて貰いました。
[PR]
by saintlove | 2008-03-17 13:00 | セントポーリア
用土について~購入した際(よい土を使用している販売店の株に限る) ”増し土”をしながら育てる。
店頭に売られている株は皆さんのお家に辿り着くまで、相当のストレスをかけて来ているのですから、直ぐの植え替えはお避け下さい。

f0135269_5522674.jpg

↑鉢の中の用土が足りていない状態です。ひげ根が見えています。

購入後は鉢内の土の量が満たされているかお確かめ下さい。足りていなければ用土を必ず ”増し土” して下さい。

セントポーリアの根は浅く張る性質があり、ひげ根を丈夫にしてやらなければなりません。その為にも、鉢の中ははいつも土で満たす育て方をして下さい。
f0135269_541947.jpg

水遣りのたびに(用土が沈んだ場合)(外葉を取り除いた時に土の量が少なくなった時) 常に小分けした用土を用意して ”増し土” をして下さい。
f0135269_505683.jpg

 ”増し土” をしながら育てると、約1年は植え替えしなくても大丈夫です。更にわさび茎にしない育て方ですので、いつも良い状態咲くことが出来ます。また、植え替えする時は古い根茎をカットしても、ひげ根が育っていますから植え替えが非常に楽です。
[PR]
by saintlove | 2008-03-17 05:05 | セントポーリア
2、殺虫・殺菌について~

殺虫について~お花は虫の為にも存在しているのですから、お花を育てている限り、その存在とは折り合って行かねば・・・。見付けた時それぞれ処置すると大抵は間に合います。

殺菌について~人間が快適に住める環境を好むお花ですから、滅多に病気にはならないと思って下さい。

次に、セントポーリアの本に紹介されている殺虫・殺菌の方法についてです。
私の場合は1.5リットルのペットボトルを用意します。それぞれ、殺虫剤・殺菌剤を各1ccを入れて1500倍にしたものを、主に虫が発生した時にだけ不定期ですが行っています。

f0135269_2093365.jpg
f0135269_20123096.jpg

撹拌したところです。余ったら他の鉢物にも使用しています。

私の殺虫・殺虫についての考え~これらの薬剤を予防の為、月1回の殺虫・殺菌をする事について、いつも疑問を感じてきました。人間の子供に置き換えますと、病気も、怪我もしてないのに薬を与えるようなもので、室内環境においても不快な臭いでもありますし、身体にも決してよくない事と思います。

私は、昨年バラの無農薬栽培の講習会を聞きまして深く感銘致しまた。セントポーリアもこう有らねばと思い、色々と試し研究しています。
例として~木酢液・碧露・ニーム・天然ミネラル・イソジン等、いずれも即効性はありませんが、害虫が寄り付きにくい環境をつくり、成長を促進する効果が有るとの事、暫らく与えて様子を見つづけたいと思います。
[PR]
by saintlove | 2008-03-14 08:18 | セントポーリア
1、水遣りと肥料について ~ 毎週薄めの肥料を水やりのたびにあたえる。

通常1000倍に薄め、2週間に1回あたえると書いてある肥料の場合
2リットルのペットボトルに1gの肥料を入れ、2000倍にして与えたほうがお花(セントポーリアは薄めの肥料を好む)にとっても、育てるものにとっても、水やり(肥料やり)を忘れないで済むことになります。
f0135269_635221.jpg

正確に計って下さい。

f0135269_6455374.jpg

いずれも、薄めた状態です。(このたびの購入した株には、元肥が入っているので、通常の薄め方では濃すぎます。)

≪1ヶ月にあたえる肥料の量は同じで月2回のところ毎週月4回になるだけです。≫

 * 水やり(肥料やり)も忘れないで済みますし、特に肥料は穏かに効かせた方が良く咲いてくれるのです。どうぞ、お試し下さい。          
[PR]
by saintlove | 2008-03-13 07:06 | セントポーリア
藤丸デパートを会場に販売会を実行しました。

この度、会場ではセントポーリアを昔(25年~30年前)育てた事があるお客様が多かったです。そして、口々に『この花は難しい花で、蛍光灯がいるし、寒さに弱いんだよね。』 と言いながら・・・。花色の豊富さに魅せられ見入って行かれました。
また、育て方が、『こんな簡単な花ないですよね。ほっといてもモリモリ咲いてくれて』と言うお客様もいらしたり、百人の味方が出来た思いでした。

当時より住宅環境が抜群に良くなっている事と、十勝の気候がセントポーリアにあっている事を理解して戴き、我が家のレースのカーテン越し(自然光)での写真を見てもらいお話しさせて貰いました。
f0135269_5413054.jpg

セントポーリアを難しいお花と思わないで下さい。花色も豊富で種類も多いこのお花、北国(十勝)の窓辺にこそ似合うお花なのです。 (H・19年12月30日 撮影)
f0135269_5591770.jpg

(H・19年12月30日 撮影)




   
[PR]
by saintlove | 2008-03-08 01:25 | セントポーリア
とても、楽しい8日間でした。
早速ですが会場の写真をアップしてみます。写真撮るのが苦手なのですが・・・。少しでも売り場の雰囲気が伝われば良いなと思います。
f0135269_6225147.jpg
f0135269_6262341.jpg
f0135269_19473960.jpg

セントポーリアの育て方のパンフレット・ポストカード・名刺 200枚作りましたが、名刺が15枚のみ残りました。
f0135269_6342685.jpg

ストライプを中心に100株のお取り置き株の極一部を写しました。
f0135269_6485028.jpg

背景は悪いので伝わるかしら?一緒に置くことでどちらも引き立てあうのでは・・・。この、下のケースには置く商品がなくなりましたので、資材関係のものを入れました。
f0135269_6534370.jpg

通路左側です。上段にはミニ種・ミニトレール、下段にはバラエティ種です。残り少なくなりましたのでいずれも袋から出し、スペースを広げています。
f0135269_21677.jpg

通路右側です。上・下段ともバラエティ種、その左側のケース(見えていませんが)にはトレール種が、上・下段入れていたのですが、上段のみになりましたので、袋から出しスペースを広げ並べています。


結果的には、このガラスのショウケース(蛍光灯付き)にして正解でした。
入荷した時だけの水遣りだけで、帰る時は少し戸を開けて帰りますから、湿度も保たれセントポーリアにとって居心地が良かったみたいです。

自宅に帰ってから地方への発送をしたのですが、8日間会場のケースで頑張っていたセントポーリアの痛みもなく、大変喜んで頂きました。

とにかく、売り場は乾燥しています。私は喉を痛め疲れからか風邪をひいてしまいました。

今回限り、店舗なし次回未定で始まったこの度の販売会終えてみると・・・。一番売れたのはトレール種次にミニ種・ミニトレール種(ホームセンターで見る事が無いから?)でした。

みすず洋らん様の呼びかけのお陰で、お花好きの皆様にこれだけの種類があると言う事を紹介でき、また、そのお手伝いが出来た事、大変嬉しい事でした。

又、多くの皆様の後押しで行えた事、本当に、感謝!感謝!感謝! 申し上げます。
[PR]
by saintlove | 2008-03-01 07:32 | セントポーリア