セントポーリアを愛する人へ


by saintlove
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30

<   2008年 04月 ( 15 )   > この月の画像一覧

展示会に向けて

お花摘みしました。
f0135269_6423482.jpg

[PR]
by saintlove | 2008-04-25 00:46 | セントポーリア

私のお気に入りパート3

ラム パンチ(普通種)です。
f0135269_0275370.jpg

[PR]
by saintlove | 2008-04-25 00:29 | セントポーリア

私のお気に入りパート2

アイス バーグ(普通種)です。
f0135269_0231814.jpg

[PR]
by saintlove | 2008-04-25 00:23 | セントポーリア

私のお気に入りパート1

ロージーラッフルド SPです。
f0135269_015252.jpg

[PR]
by saintlove | 2008-04-25 00:17 | セントポーリア
このお花は三重県にいた頃、 H・11/3月東海セントポーリア協会の方に頂きました。ピンクと白の2株でしたが、ピンクは消えてしまいました。『セントポーリアと同じ育て方で大丈夫』と言う事でしたが、その間なんども消えそうになりながら、現在に至ります。
f0135269_634638.jpg


ぽーりあさんのネット展示会の頃、この3倍の花芽が付きました。そこで、2号鉢に移し皆さんに見て頂こうと植え替えしたのが大間違いでした。どんどん機嫌が悪くなり、又1号の鉢に植え替えた事で立ち直りました。いつも、この繰り返しで育ててきた様に思います。

シンニンギアに関しては、まだ良く分らない事ばかりです。ブログを通じてどなたかお教え下さい。
[PR]
by saintlove | 2008-04-22 07:24 | お花全般の話題
ブライト バブルス(ミニ種)です。これでは、茂りすぎです。
f0135269_20152962.jpg

思い切って54枚の葉をカットして5ヶ所の頂芽に光を当てます。葉柄の茎の部分は敢えて残しています。いっぺんに葉柄ごと取り除くと、株にとってショックがあるのでは・・・。と思うからです。もう少し頂芽が育ってから葉柄の茎の部分は取り除きます。
f0135269_20404198.jpg

一時期寂しい状態になりますが、花芽をつけて茂って来るので楽しみでもあるのです。
[PR]
by saintlove | 2008-04-19 20:56 | セントポーリア
昨年の秋、芝生の上にクロッカス球根を放り投げ落ちたところに埋め込みましたが、200球は少なかったのかしら?アイデアは良かったのですが・・・。ティッシュが芝生に落ちてるみたいで、公開するのを止めました。(笑)
f0135269_19275462.jpg

クロッカスです。↑
f0135269_19311565.jpg

チオノドクサです。↑
f0135269_1933343.jpg

ここ、北海道十勝地方ではやっと、チューリップとムスカリの芽が出てきたところです。
[PR]
by saintlove | 2008-04-19 19:53 | お花全般の話題
お花は可愛いのに、葉が丸まり困ったちゃんのトモローズ ピンクアイスです。(1/17)
f0135269_14121638.jpg

花茎9本、葉3枚外す。(1/17)
f0135269_14241254.jpg

下の写真は同じ大きさの鉢に植え替えしたところです。ウィック式にしています。(2/9)
f0135269_14724.jpg

f0135269_14265123.jpg

2ヶ月振りに花茎あがる。(3/18)1月17日同様花茎3本・葉3枚外しました。
f0135269_143616.jpg

肥料を控えめにし、ラップをかけたりして、1ヵ月後(4/17)です。やっと良い状態になりました。 さて、この状態を維持できるか問題です。
[PR]
by saintlove | 2008-04-17 14:40 | セントポーリア
お行儀の良いミニ種(ロブス ヴィズ バンク)です。(4/16)
f0135269_9183366.jpg
f0135269_920454.jpg

花芽の付いていなかった葉3枚と、6本の花茎を取ったところです。

40日後・・・です。(6/11)
f0135269_18233123.jpg

↑の写真の赤シール3枚を外しました。シンメトリーに育っています。
f0135269_1829773.jpg

作品展10日前です。当日はもう少しお花が開くでしょう。
[PR]
by saintlove | 2008-04-16 09:34 | セントポーリア
株の数の多い少ないに関らず、根ぐされを発見できるのは、水遣りをしているときです。観察する事が大事です。

鉢の中の乾きが遅い株、葉の張りがない株、従来の葉でない(尖った細い葉状態 etc?・・・)すべて、根の異常は葉に表れます。(お花の場合もたまにあります)躊躇しないでまず根を改めて下さい。異状があれば写真1枚目の様に全てカットして下さい。(この株が大事であればある程、必ずして下さい。)
f0135269_6243380.jpg

根茎の腐っている(茶色部分)をカットし、次に出てくるであろう新しい根に期待するほうが、結果は良いと思います。写真2枚目を見て下さい。女性用パンストをひも状にした物を、葉柄に交互にわたしてから、容器に入れました。ひもが濡れた時点で本体を少し水面上に引き上げたところです。(4/2)
f0135269_6332348.jpg

今日の状態です。(4/16)写真3枚目です。
f0135269_984412.jpg


子供の頃、理科の授業で習った毛細管現象、思い出して下さい。自然に任せるのです。水はひもを通し暑ければ暑いように吸い上げ、寒ければ寒いようにあまり吸い上げないでいるのです。
水さえ容器に入っていれば、何日留守をしても大丈夫!

現在、撮りおいた写真がありませんが、かってこの容器一杯に根を降ろさせた事あります。

この事を通しても如何に上根(ひげ根)が大事かお分かりになったと思います。いつも水遣りをするとき、鉢の中の土が足りているか常に観察し ” 増し土 ”をしてあげて下さい。

ですから、” 根ぐされなんか怖くない ”のです。次回は鉢上げし、お花が咲いた時にアップしたいと思います。
[PR]
by saintlove | 2008-04-10 08:37 | セントポーリア