セントポーリアを愛する人へ


by saintlove
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

<   2008年 05月 ( 13 )   > この月の画像一覧

早いうちの摘心が肝心です。フラッシートレール(ミニトレール)
f0135269_2055919.jpg

↓の様に花茎を残してその上のクラウンだけカットします。只単にお花が見たいからそうしたのですが・・・。結果的にはお花が終わる頃には脇芽が育っていた訳です。(体験を基にコメント)
f0135269_20225191.jpg

切り口にはハイ・フレッシュをつけました。(腐れ予防)最初の脇芽は3本上がれば良いですね
f0135269_20211265.jpg

左は摘心したクラウンの方です。蓋付き(ラップでも良い)容器の中で1ヶ月間最初の水遣りだけで放置?しておきます。大体2・3週間で根が活着します。だから1ヶ月置いておくのです。(私の家だから良いのかも・・・。)
トレールの場合、葉ざしをしなくても子苗が増えます。我が家では摘心したクラウン苗が増えています。(トレールクラウン苗は生長が普通種よりも早いです。)
後は、ブライトバブルズの様にクラウンの先端が沢山の葉で隠れない様に、葉をすかしながら徐々に鉢増しして育てるときれいなフォームになります。
[PR]
by saintlove | 2008-05-28 20:56 | セントポーリア
4月19日54枚の葉をカットしました。
f0135269_8493941.jpg

1ヶ月になります。葉だけカットしましたので葉の茎の部分を取り除き増し土しました。
f0135269_9353662.jpg

[PR]
by saintlove | 2008-05-20 09:40 | セントポーリア
実は、一番の目的は馬糞(有機NET1号)を購入する為S町に行って来ました。

9時販売でしたので早起きして、会場には7時50分に到着したのですが・・・。先着200名のところ159番の整理券を頂き、1枚の整理券で5袋×300円(13kg)=1500円(65kg)をゲットして来ました。この、販売も今年で終了するそうです。(1番目に並んだ方は夜中の12時頃から並んでいた様です。)

ここまで来ましたので、足寄町の里見が丘公園の芝桜を見る為、遠回りをして来ました。
f0135269_1905021.jpg

とっても、きれいでした。約7000平方メートルの敷地には今が盛りの芝桜見事でした。

松山千春(歌手)さんのミニギャラリーをみて、母と一緒でしたので、近くの温泉でのんびりと過ごし帰宅しました。
[PR]
by saintlove | 2008-05-18 19:17 | お花全般の話題

札幌の帰りに

お花の町として生産農家が多く、見所が沢山ある恵庭市に寄ってきました。
”サンガーデンさん”はその中でも好きなお店の一軒で、ランチも美味しいです。
お庭のパンジー・ビオラが花盛りでした。
f0135269_8504279.jpg
f0135269_8441357.jpg

f0135269_8464589.jpg
f0135269_8475069.jpg
f0135269_8485682.jpg

[PR]
by saintlove | 2008-05-13 08:52 | お花全般の話題
私は植え替えの時、全ての株に(葉ざし・子苗にも)、 ↓のように芯を作り、ビーナスライトの上に円を書くようにまわしてからの植え替えです。
f0135269_22282435.jpg

≪ウイック方式の為だけではありません。≫ ”水遣りのタイミング”を見るためにもしています。
f0135269_22334225.jpg

↑のウィック芯がカラカラに乾いた時が、次の水遣り時なのです。だから、葉ざし・子苗にも芯を付けているのです。(芯が乾いていても、鉢の中はほんの少しの湿り気がありますよ)

とても、分り易くて簡単です。(芯の乾いているのだけ水を与える)

● 鉢を受け容器の肥料水にスッポリと入れて(テキサス式)の要領で下から充分に吸わせています。

● 月に1回は(忘れる事もありますが・・・)上からも(ベーシック式)で、”たっぷり”と水が鉢底から抜けるほど与えてます。

● 殺虫・殺菌は見付けた時に対処する。

● 肥料は薄く、増し土をしてひげ根を育て、シンメトリーに株つくりをし、沢山の花上げして楽しむのが私流なのです。(ひげ根を育てる為にも、パンストリサイクル芯とシャワーキャップは必需品です。)

● 基本の育て方(仕立て方)はウィック式で、下から吸わせるテキサス式でもあり、上からも水やりをするベーシック式でもありなのです。お陰で株の根ぐされはあまりありません。


~つまり、ウィック式・テキサス式・ベーシック式のいいとこ取りの育て方をしている訳です。~

   ★ 長い間 育てて来て、この方法が一番と思い現在に至ります。 ★
[PR]
by saintlove | 2008-05-12 15:51 | セントポーリア
まず、(↓)の受け容器を使っています。
f0135269_21271433.jpg

半田こてで穴を開けています。中央の穴は芯を垂らす為に更にハサミを使ってカットしています。芯を垂らす穴の他開けているのは、容器からの水蒸気が上がってくれる事を期待して?のことです。
f0135269_21293472.jpg

それぞれの鉢に見合った受け容器をつかいます。
f0135269_2134338.jpg

肥料水は半分入れます。そうする事で1週間に1回の水遣りが出来るからです。
[PR]
by saintlove | 2008-05-09 21:43 | セントポーリア

あのプリンセスのその後

f0135269_9422339.jpg

頂芽をカットして出てきた葉は、クリーム色で、葉緑素が足りません。(植物には、光合成はかかせません。)したがって、3枚の親の葉(濃いグリーン葉)を残しておきました。(3/30)

f0135269_9515943.jpg

中心のクラウンたちがグリーンに変わりましたので、親の葉3枚は外したところです。(5/5)
[PR]
by saintlove | 2008-05-09 10:03 | セントポーリア
f0135269_654468.jpg

出発する時パチリ。(4/25)
f0135269_6571415.jpg

帰宅した時の様子です。(5/2)

株にはヴィック芯(パンストのリサイクル)を付けていますから、旅行等で留守をする時は楽です。

ヴィック芯を付けていない株にはシャワーキャップ(ホテルに宿泊時の物)をかぶせていきました。

帰宅2日後、ヴィック芯の付けていない株(シャワーキャップを被せている)が心配でしたので・・・。水遣りをしました。(5/4)

子苗5個が芽分けしたばかりでしたので根ぐされしていただけで、あとは全て元気でいてくれました。

ヴィック式は本当に楽ですね。季節にもよるのですが、まだまだ留守しても(2枚目の写真まだ水が残っています。)大丈夫ですね~。

普段のお花の管理・私の場合~ 基本的にはヴィック式、時々テキサス式にしてベーシックもありなのです。
[PR]
by saintlove | 2008-05-08 08:12 | セントポーリア

新穂高ロープウェイにて

高山のさんまち周辺を散策し、飛騨高山で宿泊。
f0135269_756247.jpg

新穂高ロープウェイのゴンドラから望む、雄大な北アルプス。

小さく見えているゴンドラは、日本初、2階建てゴンドラで標高2200メートルの雲上へと私たちを誘ってくれました。

槍ヶ岳をはじめとして、3000メートル級の美しい山並みを汗する事もなく、僅か片道25分(第一ロープウェイ・第2ロープウェイ乗り継ぎ)で上る事が出来、それでも、”感動しました”(山登りの好きな方の気持ちがほんの少し分りました。)

窓越しに麓を写しました。ちなみに、このロープウェイの高さも高地にあると言う事で日本一なのだそうです。
[PR]
by saintlove | 2008-05-07 08:42 | 旅行

ロイヤル グリーンにて

f0135269_8235434.jpg

母の日ギフトの籠入れ作業に追われていました。セントポーリアを中心に観葉植物等と合わせアレンジしたものを大量に出荷していました。

ここは、セントポーリアの生産工場という印象でした。
[PR]
by saintlove | 2008-05-06 08:45 | セントポーリア