セントポーリアを愛する人へ


by saintlove
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

タグ:セントポーリア ( 194 ) タグの人気記事

昨日に引き続き、今日も咲いているトレール種を紹介します。
1、ロブス ウイラウォング
f0135269_6143146.jpg

2、シレルダトレール
f0135269_6161845.jpg

3、フロリダ サンシャイントレール
f0135269_6174183.jpg

4、ロブス バニラトレール
f0135269_6185179.jpg

5、ランブリン メイタイム
f0135269_6201327.jpg

6、ランブリン ライトアロング
f0135269_624173.jpg

[PR]
by saintlove | 2009-07-29 06:26 | セントポーリア
今年は長雨続きで湿度が多いせいか、鉢は小さいですがトレール種が良く咲いてくれています。
1、バーバラジェーン
f0135269_854386.jpg

2、ロブス リリーピリートレール
f0135269_7512232.jpg

3、キッスアウエイトレール
f0135269_7532549.jpg

4、ジプシートレール
f0135269_7552559.jpg

5、ロブス プーラールー
f0135269_7583435.jpg

6、ランブリン レーストレール
f0135269_805892.jpg


すべて、朝一番に撮って見ました。(*^_^*)
[PR]
by saintlove | 2009-07-28 07:58 | セントポーリア
※ 公開するに当たって~育てている環境の違い、品種によっても違いがあります様に、同じになるとは限りません。それぞれ、育てる上での参考にして頂ければ、嬉しく思います。

☆ジプシートレールのその後です。 
↓ 6月15日の画像です。
f0135269_14494877.jpg

1、クラウンカット後、6本の花茎を残して花を充分楽しみました。約1ヶ月(7・13)になります。
f0135269_14571413.jpg

2、花茎と葉柄との間に脇芽が出てきます。(6本の花を残した理由は、花茎を取る事により脇芽の出る部分を失わない様にする為です。)つまり、脇芽の出るところを破壊されないように花茎は残します。
f0135269_14583551.jpg

3、今回は、5本の脇芽が上がりました。
f0135269_1513751.jpg

4、6本の花茎と葉に花茎の付いていない葉、5枚を取り除きました。
f0135269_1459485.jpg

↑の5本の脇芽(クラウン)を大事に株づくりをして行きます。

※ シリーズで公開していきますので、左の*カテゴリ*の中の、”トレールの仕立て方”を、クリックしてご覧になって下さい。
[PR]
by saintlove | 2009-07-13 15:02 | トレールの仕立て方
先程、函館から案内状が届きました。
f0135269_1893192.jpg

函館の愛好会は、人数が少なくなったにも拘らず…、その中で出来るだけ負担のないように皆さん助け合って(体調の悪い方もいます。)展示会を今年も行われます。
札幌でもそうであった様に、ここでもやはり、会員さんたちが作る子苗を購入するのが目的の方もいらっしゃいます。また、恒例の〇〇オンさんの開花株が年に一度購入する事が出来るチャンスでもありますので…、楽しみにされている方が多いようです。

私事ですが、展示会が出来なくなり…、折角用意していた苗でしたので、事情をお話して子苗をもらっていただきました。セントポーリアの輪が広まってくれると、嬉しいです。

皆さんで例会の時、このブログを見て頂いているそうで…。「ありがとうございます」
今年の展示会も楽しみながら準備されたと思います。盛会に終えますことを祈っております。
では、また、お会いしたいですね。機会を作ってまた、・: 会いましょう :・ ♪
[PR]
by saintlove | 2009-06-18 18:35 | セントポーリア
1984年からズーッと一緒のジプシートレールと今日から株づくりを楽しみたいと思います。

※ 公開するに当たって~育てている環境の違い、品種によっても違いがあります様に、同じになるとは限りません。それぞれ、育てる上での参考にして頂ければ、嬉しく思います。

1、ジプシートレールをこれから仕立てます。クラウン(頂芽)カットする前の苗です。(H・20年6/8根ぐされの為クラウウンカットの苗より)花茎は6本上がっています。
f0135269_17251260.jpg

2、↑ は、なかなか、脇芽が出ず、ひげ根を増やしたいので、プラスチック容器の底を切り画像のように徒長気味のクラウンに巻き、増し土を入れた状態です。
f0135269_17485259.jpg

3、それでは、これからお花が見たいので、6本の花茎を残した・上の部分・のクラウン(頂芽)をカットします。画像下の脇芽カッターの横にカットしたクラウン(頂芽)があります。
f0135269_1734196.jpg

4、カットしたクラウン(頂芽)はウイックに使っているヒモ(使い古しのストッキング)を、ひげ根が出てくるところに絡ませ、そのヒモを伝って水を供給してやります。(毛細管現象です。)
コップの中の水にクラウン(頂芽)の部分が付いていなくても、ヒモを伝って自然に水が供給されます。(留守をしていても、コップに水が入っている限りひげ根が育ちますので大丈夫です。)
f0135269_1742366.jpg


※ これから、ジプシートレールの仕立て方をシリーズで公開していきたいと思います。大きくするには2年以上は掛かると思いますが、どうぞ、お付き合い下さいませ。(*^_^*)
[PR]
by saintlove | 2009-06-15 05:15 | トレールの仕立て方
白いお花でまとめて見ました。”マイとかち”でも紹介しましたが、こちらでも皆さんご覧下さい。
f0135269_7383686.jpg

一昨年、函館のMさんのホワイトガーデンの印象が脳裏に強く残っていまして、セントポーリアでも気取ってみようかしら~と思い写して見ました。(^^)
[PR]
by saintlove | 2009-06-14 07:48
我が家ではこのコーナーがセントポーリアにとって特等席なのです。
f0135269_8444644.jpg

特に、ミニ種と、トレール種がご機嫌で、四季を通じてよく咲いてくれます。
[PR]
by saintlove | 2009-06-13 08:49 | セントポーリア

ミニ種とストライプ種

f0135269_19244843.jpg

ミニ種左から、ストライプドラブ、サンダーサプライズ、ウィビーが可愛く咲きました。

ストライプ種左から、オンタリオsp、スージー、コンコルド、ジ・アルプスも長~く咲いてくれますので…、随分楽しめています。
[PR]
by saintlove | 2009-06-12 19:36 | セントポーリア
公開するに当たって~育てている環境の違い、品種によっても違いがあります様に、同じになるとは限りません。それぞれ、育てる上での参考にして頂ければ、嬉しく思います。

展示会は6月6日に行う予定でした。ご一緒させていただいているお花の団体の日程が変更になり、私の所属(実行委員)している”花コン”の日程と同時期開催となりまして、この度の展示会を断念しました。

そこで、今日はグリッターファン(ミニ種)ーその5-に引き続き、ネットでアップしまして終了と致します。

継続してみていただいて下っている方には、お分りかと思いますが、ミニ種・斑入り葉で公開してきましたが、予定通りの花上がりをしてくれました。ご覧下さい。

1、6月8日 品種名 グリッターファン(ミニ) 花茎9本、株の直径18cmです。AVSAの規定ではミニ種の場合、直径6インチ(15.2cm)で、私のポットの大きさ2号丸鉢6.7cmであり、AVSAの規定ではポットの大きさは、ミニ種で2.25インチ(5.7cm)より小さくなく、2.5インチ(6.4cm)より大きくない事ですので、コンテストでは出品しただけで失格なのです。因みに、セミミニ種は8インチ(20.3cm)迄で、ポットの大きさは3インチ(7.6cm)より大きくしてはいけない規定です。<参考の為>
f0135269_15131797.jpg

2、5月10日、展示会1ヶ月前、花茎が9本付いています。
f0135269_1515387.jpg

3、3月31日、最後の花摘みをする。
f0135269_15205450.jpg

 ↑ 6本の花茎を外しました。
f0135269_1532154.jpg

 ↑ 一重のお花ですので、2ヶ月と1週間前(69日前)に花摘みを終えています。
4、H・20年11月21日、斑の入りが美しいグリッターファンを選びました。
f0135269_1759223.jpg

 ↑ 1号黒ビニールポットから2号鉢に植え替えをして、この日からショープランツ作りを始めました。お陰さまで充分楽しめました。ちなみに、この株の葉挿しはH・19年11月23日でした。

☆ この、ページを見て頂いていた皆様、ありがとうございました。(*^_^*)
[PR]
by saintlove | 2009-06-08 18:21 | 展示会に向けて
5月の連休明けから、ネットのセン友さんからの苗の交換をさせていただきましたが…。
どの方も、共通する事なのですが、成長株は手入れをされているのでしょうが、子苗の手入れがおろそかになっている様に思いました。(偉そうに、ごめんなさい)
まず、鉢を持つと首がグラグラする、植え替えが遅れている株、子苗のわりに土の量が多い容器に植えられている、また、子苗といえども増し土が必要な苗等見受けられました。(私も完璧な育て方は出来ていませんが…)
前回も言いましたように、子苗もひげ根を育ててやって下さい。 小さい鉢で賢明に生きている子苗ちゃん達ですから、私も反省を込めて、お願いします。

画像は、
f0135269_638197.jpg
全体の半分は増し土をし仕立て直しをました。後、半分は、今日これからこの子苗ちゃん達を仕立て直ししようと思います。(私の苗も入っています)
[PR]
by saintlove | 2009-06-03 06:39 | セントポーリア